<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
バッハ コンチェルト供覆修裡供
クロイツェル26番前半
「こういう動きは得意ですね〜」って先生に言われて(笑)前半はさらっと合格w
次回は後半部分が宿題ですが。この後半、小指を伸ばして音を取るっていう動きがあって、音程取るの難しそう〜〜〜(汗)転調もあるし、臨時記号も多いし。。。難しそう〜。

バッハのコンチェルトの方は、
今日は先生の前で1楽章を通しで演奏。所々音程が微妙なのと、重音部分にもっとしっかりビブラートかけて響かせることと、最後の方、前半と同じ繰り返しだからといって気を抜かないこと、と、ちょこちょこ指摘されつつも、あとはもっと弾き込んでいけば大丈夫そうですね、とw
やっと1楽章も仕上げの段階になってきました。

この曲、聴いてるだけだと短そうなイメージなんだけど、実際に弾いていると結構長く感じます。同じようなフレーズが繰り返されたりするからかな???
自分で練習してると、1楽章弾くだけで軽く10分超えちゃったりするので・・・何度か繰り返してるうちに時間切れになっちゃったりするしなぁ。もっと効率良い練習の仕方って無いものかなぁ。。。
ちなみにヒラリー・ハーンの演奏だと7分弱ってとこですが。
まぁ・・あんなテンポではまだまだ無理www
とりあえず、ポジションとかボウイングとかで迷わないようになるまで繰り返し練習するしかないかな。
| - | comments(0) | -
バッハ コンチェルト供覆修裡粥■機
先週のレッスン日記、書くのを忘れてました(汗)

バッハの方は、3ページ目後半の重音でちょっと苦労しつつ。。
あと、23、24&41、42小節目のスラーの弾き方のコツとか教えてもらって、とか、そんな感じ。

本日のレッスンは、
クロイツェル25番は合格〜♪ これでやっと重音地獄から脱出です!!
26番は、弓の使い方?弓の動かす幅、長さをバランス良く、音にばらつきがでないような使い方の練習、とのこと。パッと見、何が大変なの?っていう楽譜ではありますがwww実際にちょっと弾いてみたら、あらあら・・・弓がどんどん足りなくなるー(汗) そっか。。そういう練習なのか。。。
こういう練習曲作った人って凄いですよね〜〜。と、先生とひとしきり楽譜談義となりました(笑)

そして、バッハのコンチェルト。
こちらは4ページ目中段まで。
所々ポジション移動が遅くて、曲の勢いが途切れがちになってしまうってのがネック(涙)
さらに、弓のスピード上げて勢い付ける所と、重さをかけて勢い付ける所の違い?曲全体が流れて綺麗に聴こえるような弾き方、というか・・・気持ちは十分あるんだけども。なんせ指がついて行かないのですわ。。
むー。。もっとさらさら動いてくれないもんか・・・・

まぁ、でも、中間部分はちょっと褒められたので進歩はしてるか。
その後の123小節目からは前半の繰り返しだから、とりあえず今日やった部分まで集中してしっかり弾き込んでおこう。考えなくても指がさらっと動くようにしたいものだ。。。
| レッスン | comments(0) | -
バッハ コンチェルト供覆修裡魁
クロイツェル25番
音程的には、取りやすい音なので24番よりはやりやすいかも。
普通にゆっくり練習していったら、この曲は結構速いテンポで弾くらしい・・・和音を弾いてる感覚での、弓のちょっとの角度の動きの練習が目的らしいので。手首を小さく8の字に動かして、最小限の動きで弾く、と。
先生のお手本聴いたら、まるでこだまというか和音というか。なんていうか、さらさらの音だった。。。自分がいかにモッタリ弾いてたかよくわかりました。まぁ・・・とりあえずは、ちゃんと音程取れるようになってから速度を上げていこう。

バッハ コンチェルト第2番
やっと先生が本気出してきて(笑)細かい指示が出始めました。バッハだから、それほど表情はつけないんだけど、それでも華やかに弾く部分、淡々と弾く部分、などの違いとか。同じスラーでも、はきはきした部分とさらりと弾く部分との違いとか。
音色の違い。。先生が弾くと歴然なんだけど。自分が弾くと、なかなかその違いが出せなくてもどかしい。
指の動きは、エチュードみたいだけどねー。音の繋がりの美しさはやっぱりバッハならでは。
なんとなく、自分の楽器に、この曲結構しっくり来る気がして、弾いてて楽しいwww
もっと綺麗になめらかに動けるようにがんばろう。

今日は2ページ分だけがっつり練習していったんだけど・・・ってか、2ページ分しか・・・?
先生はもっと先に進みたかったみたい。。。。
す・すみません・・・(汗)そこまできっちり練習できませんでした・・・
来週までには、1楽章全部きっちりさらっておきますっ!
| レッスン | comments(0) | -
バッハ コンチェルト供覆修裡押
やっとクロイツェル24番合格・・・ふぅ。。
この練習をやって、自分の苦手な音がよくわかった・・・
やっぱり私は、ド♯の音が正しく取れないらしい(涙)
先生からは、音がわかっていないわけではないようなので、こういう混乱しそうな音階の時は自分の練習を録音して確認しながら練習するのも手ですよ、と言われました。チューナーで練習するのも手だとのことだけど。。音が全くわかっていないわけではないので、目で確認するよりも、耳で確認しながら練習する方が早いでしょう、とのことで。
録音か・・・そういえば、最近全然自分の音を録音してなかったなー・・・
たまにはちゃんと自分の音と正面から向き合ってみようか(笑)

そして、バッハのコンチェルト。
こちらは、先週に引き続き、もっとしっかり譜読みしてから・・・って。今日ははっきり言われてしまった(汗)まだまだ楽譜にかじりつきですね〜って笑われながらwww
もうちょっと余裕が出てきてから色々言っていきますからねー。と・・・
どうもまだ、指使いとかポジションとか、しっくりきてなくて。
弾いてる最中に、あわあわしちゃってるもんなー。

ま。最近練習しなきゃいけない曲が大量にあるから。。。
とりあえずレッスンの方は、焦らずじっくりやっていこう。
| レッスン | comments(0) | -
バッハ コンチェルト供覆修裡院
久しぶりの更新です。
前回の日記までレッスンしていたベートーベンのソナタは無事に合格。ま、曲としてはまだまだ弾き込まないと、って感じではありますが・・・

今月は教室の入っているビルのお休みと、体調不良でお休みしたりして2週まるまる休んでしまったので、5月2回目のレッスンでした。
クロイツェルの方は、相変わらず重音で亀の歩みとなっております。。なかなか先生のオッケーが出ないので、いまだ24番から先に進めず・・・今日こそは、と思っていたんだけどなぁ・・・(涙)「じゃ、また来週ねw」って明るく言われてしまったわ。。。

そして今日から始まった「バッハのVnコンチェルト第2番」
とりあえず1ページ目をさらっと。ペータース版の楽譜を元に練習してますが、スラーのかけかたや、ポジショニングの変更がちょこちょこあり、今日はその辺を再確認しながらって感じ。
なので、それほど「弾いた!」という実感は無く・・・(笑)
あっけなくレッスン時間終了〜〜〜〜。うーむ。消化不良。。。。

自分できっちり練習して行かないと、せっかくのレッスン時間がもったいないな。
先生がダメ出し始めるのはこっちがそれなりに弾けるようになってからだ、ということに気が付いたので(笑)先生から「もっとこんなふうに!」という要求が出てくるように、っていうか先生がそう言いたくなるくらいまでの最低限の演奏ができていないと、最近のレッスン時間は、とてももったいないものになっているのかもしれないな。。


さて。レッスン以外の出来事も少々書いておきます。
先日、無事にMSオケの演奏会、終了しました♪ 「カルミナ・ブラーナ」と「三角帽子」
なかなか難しいプログラムで、昨年11月から取り組んできましたが、本番直前までほんと、ハラハラし通しの危うい状況だったりしたにもかかわらず。なんとか本番は崩壊することもなく(笑)思った以上に盛り上がって、まぁまぁの出来だったと言えるのでは・・・
何より、合唱団の皆さんの迫力が凄かったので。それにかなり助けられたという感じですが。
オケの方は・・・・・まぁ、ちょこちょこ事故はあったようですが。。ほんと、直前リハまで、マジでこれヤバイんじゃない??てなくらいの出来だったから・・・
あそこまで本番でできた、ってだけで、びっくりです。楽しかったー!!

ホームオケのほうでは、サマコンのプログラムも決まり、本格的に練習開始。
今回は、夏がファミリーコンサートになるので、「1812序曲」をメインに、「ウィリアムテル序曲」や、「軽騎兵」や・・・えーと。。。う・運動会ですか????(笑)
他に、音楽クイズと題して、何の動物を表した曲でしょう〜?みたいなクイズ形式の抜粋演奏も企画中w
さてさて。いったいどんな仕上がりになるのか、楽しみでもあり不安でもありwww

そしてそして。今年もまた栃木県の知り合いの楽団にお手伝いに行くことになりました。
本番は6月半ば過ぎ。時間がありませんがーーー(汗)
曲目は「ドボ8」と「大祝」なので、やったことあるからおっけーしましたけど。。
他にもう一曲。昨年お手伝いに行った時に演奏したオリジナル交響曲が4楽章まで完成したとのことで、そちらの演奏も・・・・(汗)
これがまた。ジャズっぽいアレンジだったりするので。。楽しいんだけど、難しいのです。。。
昨年は2楽章まで演奏しましたが。かなり手強かったのでね・・・・・今日から真剣に譜読み始めましたが。。。。わかりにくぅ〜〜〜〜(涙)
とりあえずピアノで音取りしてから練習しようかな。。


ま。そんな感じで、思った以上にオケにはまり込んでおりますwww
年齢的にも、あんまり先が長いわけでもなさそうなので(笑)
できる範囲で、色々チャレンジするのもいいかなぁ〜、なんて思う今日この頃でありました♪
| バイオリン | comments(0) | -
スプリングソナタ その12
今回からレッスン時間がちょっと変更になりました。
今までより早く始まるようになったので、家での練習時間が減ってしまった。。。
ってか、直前に慌てて練習してもな、って感じではありますが(笑)仕事の時間帯も変わってしまったので、日々の練習もなかなか思い通りに取れない今日この頃。。うーん。。なかなか厳しいなぁ。

そんな中でのレッスンです。
練習不足なもので、当然ながらクロイツェルの方は完全に足踏み状態。重音地獄で苦しんでます(汗)もうちょっと指が開いてくれたらいいのになぁ・・・・・音程もなかなか合わないけど、弓の使い方もねぇ。。綺麗な音を出すって難しい。

そして曲の方は、4楽章の最後あたりの曲想、仕上げまでたどりつきましたw
同じような動きでも、わざわざポジション移動して音色を変えて変化を出したり、スラーのちょっとした違いで変化を出したり・・・4楽章は同じような動きが数回繰り返されるわけだけど、こうやって全体の雰囲気を変えながら盛り上がりに持って行くわけか。。こういう細かい曲の作りあげ方は、やっぱり自分ではなかなかわからないだけにレッスン受けると勉強になります。

まぁ、あとは自分でどれだけ弾きこめるか、ってところかなー。
最近、持ち曲みたいな曲を作りたいなーと真剣に悩んでまして。良い機会だから、この曲を暗譜しようとがんばってます。なんていうか、人に「何か弾いてみて〜」って言われた時に、実際にパッと弾ける曲ってのが全然ないんだもん。。。楽譜が無いと何も弾けない・・・この状況を打破したくて。
ん??「楽譜が無いと何も弾けない」って・・・(笑)まるで楽譜があったら何でも弾けるみたいじゃないか(爆)当然のことながら、楽譜があっても、人様の前で披露できるような演奏は全然できないんだけどさ。。(涙)
ま、それでも、時間かけて、じっくり取り組みつつ、暗譜できるようがんばります♪

暗譜って、どうやってしてたんだっけなぁ????
子供の頃は、繰り返し練習すれば自然に頭に入ってきてたような気がするんだけど。。やっぱり脳みその老化ってのは仕方がないんだろうか(笑)
中学高校の頃、ピアノ発表会で弾いた曲なんかは、今でもちょっと練習するとすんなり頭に浮かんできたりするもんなぁ。。ピアノの場合は、音名とかでは絶対に覚えられないから(音が多すぎてwww)音名や楽譜で覚えていたわけではないと思うんだけど。出だしの音と指の動きの感覚で覚えていたのかなぁ?

ってことは、やっぱり身体にしみこむまで弾き込むしか手立ては無いのかもね・・・・
要するに、練習回数に比例するってことか???
練習回数・・・そっか。。大人になると、それだけにつぎ込める時間が少なくなるってのも原因の一つかな。
まぁ、これからはどんどん自分の時間も取れる年になっていくだろうから(笑)とりあえずあと3年は子供のために働き続けるとして、その後は自分のためにたくさん時間を使おう。うん。
それまでは地道に細々がんばるしかないかw
| レッスン | comments(0) | -
ご報告
あらら。気がついたら一か月放置してしまいました・・・(汗)
レッスンもオケもちゃんとやってますw
そしてウィンターコンサートも無事に終わっております。

とりあえず、かいつまんでのご報告だけ。

実家が、岩手の三陸海岸なもので・・・
今回の地震&津波で、両親と連絡が取れない状況でありました。
ニュースでもたくさん流れていたので、色々とご心配いただきましたが。
実家の建っている所あたりで津波は終息し、なんとか津波の被害は免れたようです。

とはいえ、市街地の半分以上は完全に壊滅状態・・・
いまだ連絡のつかない友人もたくさんおります。。。。
そしていまだライフラインも回復せず。
とりあえずau携帯だけが細々と通じるようになったようす。
ま、電気が止まっているので、充電できないんですけどね・・・


とりあえず、両親の無事が確認できたので、個人的には一安心ではありますが。
あれだけたくさんの地域があのような状況で。
今後の仕事をするすべも皆失ってしまって。
復興にはどれだけの時間がかかるのか見当もつきませんが。

それでも、東北の人間は強いからね!
きっとみんな大丈夫!!うん。


今回の震災で、不幸にも命を落とされてしまった方々のご冥福をお祈りいたします。
そして、これからも無事の確認ができた方々の人数がどんどん増えていくことを願いつつ・・・
| - | comments(0) | -
スプリングソナタ その9
クロイツェル22番、前半部分、やーっと合格っっ!!!やったっ!
ま、まだ後半1ページ残ってますけどね。。。。(汗)
とりあえず、今まで色々注意されたことを思い出して、サクッと合格できるようがんばろう。。
早くトリル地獄から抜け出さねば。

そして、スプリングソナタ2楽章、
こちらも、今日一回だけで、なんと合格ーー!!
最初は、ターンやトリルの間の取り方がピンと来なくて練習も手こずったんですが・・・ここ数日、だいぶ心地よく納まって弾けるようになり、やっと曲全体が気持ちよく弾けるようになってきたところだったのに。。。なんか、あっさり合格で、ちょっと肩すかし(笑)

次回は、3楽章と4楽章の最初の方までが宿題です。
2楽章3楽章は短いのでね。。あっさり行っちゃう感じですが。
ただ、3楽章のTRIO部分で、スタッカートがどこまで有効か、という議論になりました(笑)この楽譜だと、最初2小節のみスタッカート記号が書いてあるんだけど、実際には演奏する人によって弾き方が異なるらしいのです。
要するに、スタッカート記号と言ってもこの場合「飛ばし」なので、全体飛ばしてその音の強さでメリハリをつけるのか、それとも楽譜通りに最初だけ飛ばしてあとは普通の弾き方で音に重さを出すのか、と。

好みと言ってしまえばそれまでだけど。
ベートーベンの場合は、やっぱり楽譜に忠実にやった方が良いのかもしれない。
先生曰く、今レッスンで使っている楽譜は、ヘンレ版に限りなく近いものなので、スラーやスタッカートなどがきちんと曲想に合わせて書いてあるとの事で・・・
楽譜通りに、飛ばすのは最初2小節だけ、あとは普通に、との指示でした。どっちにしても、テンポも速いので、結局飛んでるくらいに聴こえちゃうみたいだけどね・・・・

一見、つまんなさそうな3楽章ですが(笑)ピアノと合わせたら、楽しいのかなー???
自分で弾いて録音して・・・とも思ったけど、
やっぱり誰かにピアノ伴奏弾いてもらって合わせてみたいな〜〜〜。
全曲弾けるようになったら、誰かにお願いしてみよw
| レッスン | comments(0) | -
スプリングソナタ その8
レッスン日記、アップするのをすっかり忘れていたので・・・某SNS日記の方からコピペですw

クロイツェル22番。前半部分。
トリルの音程はだいぶ安定してきた感じ〜と、喜んだのも束の間、先生から「音が汚いです・・・弓の圧力かな??」ってなダメ出しが 。。

どうやら、弦が変わったから、響きも微妙に変わっているらしい・・・前に使っていたビオリーノは、わりとガットに近い弾き心地、っていうか、弦のしなりっていうのか、びよょょ〜んって感じがあったんだけど、今のラーセンは、かなりダイレクトに音になってる感じ。。。なので、今までの弓の持ち方&圧力では音がつぶれやすい、と。。。

うーむ。。。確かに、最近あんまり綺麗な音じゃなかったけど。
それは寒さのせいかと思ってた・・・(笑)
身体が固いとか、楽器が鳴ってないとか、そんな感じかと思ってた。。

ラーセンに替えた時、先生からは、かなり明るい音ですね〜と言われ、コンマスからは、楽器そのものが明るい音の楽器だから、それが素直に出る良い感じも弦じゃないか?と言われました。 が・・・まだまだ私には、その特徴を生かせる技術は備わっていないようです。
ってなわけで、もっと綺麗な音が出せる力加減を教わって、そのやり方でまた練習してきてください、と・・・・

うーむ。。。。。。。。
この、たかだか2ページ程度の練習曲、しかもまだその半分まで、これだけの練習に、既に1か月以上たってます。。。ちらちらと、過去の悪夢が蘇ってきましたわ〜〜〜〜過去最長の練習記録は・・・・・・

篠崎教本をやっていた頃、忘れもしない篠崎4巻。
たった4小節のリストスピカートでのスケール練習。。。
これに1年近くかかった経験が・・・・・
こういうのになると、先生、厳しいからなぁ〜〜〜〜〜。

厳しいっていうか・・・厳しい注意は一切無いんだけど。とにかく、ニッコリ笑って「じゃ、また来週ねw」ってのが延々と続く、という・・・・(笑)
篠崎のこの最後のスケールだけは、教本すべて終わって、白本5巻に移ったあとも延々と続いた、という・・・(爆)
毎週毎週、同じスケール、同じリストスピカート、いや、私もよく続けたよ、と、今更ながら思うけどwww

この記録だけは絶対に更新したくない。
曲の方はちょっと置いといて、エチュード中心に練習しよ〜っと
| レッスン | comments(0) | -
スプリングソナタ その7
仕事から帰ってきて、練習していたら何やら手首が痛い・・・・アップボウの時に手首を曲げようとすると痛くてそれ以上曲がらない・・・(涙)
これは、ちょっとレッスンに差支えるかな、と、心配だったんですが。。
レッスン前に前の人が終わるまで待ってる間、冷たくなった指先をすりすり手首をうにうにしていたら、手首がクキッ、コキッと2回鳴り、なんと痛みがすっきり無くなりました。
うーむ。。いったいなんだったんだろう????(笑)

とりあえず、おかげさまでレッスンには差支えなくて済みましたw

が・・・クロイツェルの方は、弓の使い方、というか、右腕の使い方で注意され、またまた宿題に(涙)
移弦の時に腕が動きすぎ、と。特にアップの時の二の腕の使い方・・・肩甲骨と肩そ落として、二の腕の圧力というか勢いというか・・・
何回も同じような事注意されてるのになぁ。。。なかなか身体が覚えてくれません。ふぅ。。

そして、スプリングソナタの方は、
231小節目の弾き方で、腕の使い方をちょっと注意されただけで、あとは大丈夫とのことで、1楽章は今日で合格〜〜〜♪ 次回からは2楽章になります。
次、どうしますか?って聞かれたんですが、せっかくなのでこのソナタを全楽章やることにしました。1楽章は聴く機会も弾く機会もありそうだけど、他の楽章はなかなかチャンスも無さそうだから・・・この機会に全部きっちりやっておくことにしましたw

2楽章の方は、あんまり聴いたことも無く、バイオリンの音は全然記憶に無いんですが(笑)
なにやら装飾音符が難しそうな感じ・・・装飾音符のタイミングって難しいんだよなぁ。。。
それ以外は、ピアノを邪魔しないような弾き方で、とwww
とりあえず、平行してピアノの方も練習してみよう。その方が曲の成り立ちがわかりやすそう。
いつかは両方とも自分でちゃんと演奏できるといいなぁ〜〜〜w
| レッスン | comments(0) | -
<< | 2/65PAGES | >>